コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)取る ウチトル

デジタル大辞泉の解説

うち‐と・る【打(ち)取る】

[動ラ五(四)]
(「討ち取る」とも書く)武器を使って相手を殺す。「敵将を―・る」
試合などで相手を負かす。「フルセットの末、強豪を―・る」「凡打に―・る」
敵国などを攻めて滅ぼす。また、攻めて自分のものにする。
「この国の帝を、いかで謀りてこの国―・らむとて」〈・二四四〉
取る。捕らえる。
「六十ばかりの女のありけるが、虫―・りてゐたりけるに」〈宇治拾遺・三〉
[可能]うちとれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)取るの関連キーワードフルセットイリアス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android