コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)込み ウチコミ

デジタル大辞泉の解説

うち‐こみ【打(ち)込み】

たたいて中へ入れること。「杭(くい)の打ち込み
物事に熱中すること。また、人にほれこむこと。「仕事への打ち込みはすさまじい」
剣道などで、相手に打ってかかること。柔道では、相手と組んで一方が続けざまに技をかける練習法。
囲碁の用語。
㋐相手の陣内に石を置くこと。
㋑相手に何回か勝ち越して、手直りをすること。

㋐テニス・卓球などで、相手側へ強い球を打ち返すこと。スマッシュ。
㋑野球・テニスなどで、繰り返し球を打つ練習をすること。
コンクリートを、枠の中に流しこむこと。打設(だせつ)。
歌舞伎で、幕明き・幕切れに大太鼓を勢いよく打つこと。
の基本的な型で、手に持った扇などを頭上からまっすぐ前方へさし下ろす動作。
人形浄瑠璃の人形の型で、刀などをかざしながら足拍子を踏むもの。戦いのようすを表す。
10 釣りで、ねらった所へ仕掛けやえさを入れること。
11 織物で、横糸を縦糸の間へ強く入れること。
12 《「うちごみ」とも》秩序がなく入り乱れること。
「―の戦好まぬものなり」〈平家・九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

打(ち)込みの関連キーワードプレストレストコンクリートペーパードレーン工法プラスチック耐火物コンクリートポンプメタルフォームベントン彫刻機シンセサイザー中西派一刀流養生(土木)イオン打込みカートライトロックボルトシュテールウェルナーエルンスト馬山浦事件カラムジン泉 園子馬鹿囃子寺田宗有

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android