コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)込み ウチコミ

1件 の用語解説(打(ち)込みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐こみ【打(ち)込み】

たたいて中へ入れること。「杭(くい)の打ち込み
物事に熱中すること。また、人にほれこむこと。「仕事への打ち込みはすさまじい」
剣道などで、相手に打ってかかること。柔道では、相手と組んで一方が続けざまに技をかける練習法。
囲碁の用語。
㋐相手の陣内に石を置くこと。
㋑相手に何回か勝ち越して、手直りをすること。

㋐テニス・卓球などで、相手側へ強い球を打ち返すこと。スマッシュ。
㋑野球・テニスなどで、繰り返し球を打つ練習をすること。
コンクリートを、枠の中に流しこむこと。打設(だせつ)。
歌舞伎で、幕明き・幕切れに大太鼓を勢いよく打つこと。
の基本的な型で、手に持った扇などを頭上からまっすぐ前方へさし下ろす動作。
人形浄瑠璃の人形の型で、刀などをかざしながら足拍子を踏むもの。戦いのようすを表す。
10 釣りで、ねらった所へ仕掛けやえさを入れること。
11 織物で、横糸を縦糸の間へ強く入れること。
12 《「うちごみ」とも》秩序がなく入り乱れること。
「―の戦好まぬものなり」〈平家・九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打(ち)込みの関連キーワード囲い込み差入れ蹴込む叩き込む目の中へ入れても痛くない差入れる投入れる引入れる吹込む巻込む

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone