コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払底 フッテイ

デジタル大辞泉の解説

ふっ‐てい【払底】

[名・形動](スル)《入れ物の底を払う意から》すっかりなくなること。乏しくなること。また、そのさま。「人材が払底している」
「その頃は借家が―な時でしたから」〈谷崎痴人の愛〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふってい【払底】

( 名 ) スル
〔底を払う意〕
物がすっかり無くなること。また、非常に少なくなること。 「物資が-する」 「近頃はトチメンボーの材料が-で/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

払底の関連キーワード丁・亭・低・体・停・偵・剃・呈・啼・堤・定・帝・底・庭・廷・弟・悌・抵・挺・提・梯・汀・涕・程・綴・締・艇・訂・諦・貞・蹄・逓・遞・邸・鄭・鼎マーシャル諸島の核実験仏・払・拂・沸吾輩は猫である上方歌舞伎軽賤・軽賎川又 克二荒川重平伊奈忠尊宝永通宝天保通宝塩害薛瑄

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

払底の関連情報