コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

批判主義 ヒハンシュギ

2件 の用語解説(批判主義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひはん‐しゅぎ【批判主義】

《〈ドイツKritizismus
批判的精神によって物事に対応する思想傾向。批評主義。
哲学で、カントおよびカント学派の立場。人間の認識能力の吟味によって認識を可能にさせる条件・限界などを明らかにし、またこのような理性の徹底的な自己認識を媒介にして、さらに諸対象の吟味を貫徹しようとする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひはんしゅぎ【批判主義】

〘哲〙
批判を主たる態度とする思想。反省を持つ点で独断論に対し、理性への信頼を捨てない点で懐疑論に対する。
カント主義における、人間の認識・経験の批判、すなわちそれらの可能となる根拠・制約などの検討を課題とする哲学の立場。神とは異なる有限な人間に許される理性の正当な権限を明らかにする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

批判主義の関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ鯉ドイツ文字統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツパンの日ドイ語ドイツ鼻革 (dropped noseband)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone