コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術輸出 ぎじゅつゆしゅつ technology export

3件 の用語解説(技術輸出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

技術輸出
ぎじゅつゆしゅつ
technology export

企業の経営資源の一つである技術それ自体を商品として輸出すること。具体的には,製品技術と製造技術に関する特許が相手国側に売られる場合を指す。製品特許が輸出されると,相手はそれに対してライセンス料を支払ってくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

技術輸出【ぎじゅつゆしゅつ】

国内で開発し完成した技術を海外に輸出してその対価を受け取ること。特許権,商標権,実用新案権および意匠権を総称した工業所有権を主にいうが,設計図,青写真ノウハウなどの技術も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぎじゅつゆしゅつ【技術輸出】

特許・実用新案・技術情報などを用いる権利を外国に提供し、その対価として特許料などの技術料を受け取ること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

技術輸出の関連キーワード経営資源企業家原価其れ自体ファブレス企業リソース・ベースド・ビュー技術経営(MOT)企業再編営農指導員経営資本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

技術輸出の関連情報