コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術輸出 ぎじゅつゆしゅつtechnology export

3件 の用語解説(技術輸出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

技術輸出
ぎじゅつゆしゅつ
technology export

企業の経営資源の一つである技術それ自体を商品として輸出すること。具体的には,製品技術と製造技術に関する特許が相手国側に売られる場合を指す。製品特許が輸出されると,相手はそれに対してライセンス料を支払ってくる。かつて日本企業は,欧米企業から技術を導入することで一方的な技術輸入が続いてきた。しかし近年,日本企業の技術レベル,とりわけ製造技術の水準が高くなるにつれ,日本企業から外国企業への技術の輸出が増えてきた。しかし製品技術の輸出に関しては,欧米企業に一歩を譲ることが多い。しかも近年のハイテク企業では,技術そのものが戦略的機密となることが多く,輸出入必ずしも増加していない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

技術輸出【ぎじゅつゆしゅつ】

国内で開発し完成した技術を海外に輸出してその対価を受け取ること。特許権,商標権,実用新案権および意匠権を総称した工業所有権を主にいうが,設計図,青写真ノウハウなどの技術も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎじゅつゆしゅつ【技術輸出】

特許・実用新案・技術情報などを用いる権利を外国に提供し、その対価として特許料などの技術料を受け取ること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

技術輸出の関連情報