折中(読み)せっちゅう

世界大百科事典 第2版の解説

せっちゅう【折中】

二つの相反する主張,意見,先例法理などを調和させ,新たな結論を導き出すこと。日本の古代から中世にかけては,折中もしくは折中の法とよばれ,法,政治,行事などの分野で用いられた特色ある論理の一つであった。とくに平安から鎌倉にかけての公家社会では,律令や諸々の行事の先例などと現実社会の間の乖離(かいり)が増大し,しかも名分上は法や先例を否定しえない場合,両者の間になんらかの調和点を見いだす必要に迫られることが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の折中の言及

【噯∥扱】より

…調停は,多くの場合,口頭による仲裁ですませたが,紛争当事者双方と噯衆の署名した調停状も残されている。 この方式は,紛争当事者とそれにつながる共同体の成員の関係が,紛争後も破壊されずに円滑に保たれるような解決案を見いだすことに力点がおかれ,この調停方式そのものを〈折中(せつちゆう)〉と称する例からも明らかなように,当事者双方の主観的衡平感覚を満足させる〈中分〉〈折半〉が和解の基本的論理であった。これは,未開社会の最も原初的な紛争解決方式として広くみられ,日本中世社会のこの方式も,その延長上でとらえられる。…

※「折中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

折中の関連情報