コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

披瀝 ヒレキ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐れき【披×瀝】

[名](スル)心の中を包み隠さずに打ち明けること。「本心を披瀝する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひれき【披瀝】

( 名 ) スル
〔ひらきそそぐ意〕
考えをすべて打ち明けること。 「真情を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

披瀝の関連キーワード卑・碑・匪・卑・否・妃・婢・庇・彼・悲・扉・批・披・比・泌・疲・皮・碑・祕・秘・罷・肥・脾・臂・被・誹・譬・費・避・鄙・非・飛アルニム(Bettina (Elisabeth) von Arnim)告白録(アウグスティヌスの著書)イグナチオス[アンチオキア]ドロステ・ヒュルスホフ思想および良心の自由ホフマンスタールM. クネーネゲラシウス1世大聖堂広場野上弥生子古来風躰抄二葉亭四迷松平治郷黒田斉清ヨーカイ八雲御抄クネーネ嶋井宗室社会体系

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

披瀝の関連情報