コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)明ける ウチアケル

デジタル大辞泉の解説

うち‐あ・ける【打(ち)明ける】

[動カ下一][文]うちあ・く[カ下二]
人に知られたくない事実や秘密などを、思い切って隠さずに話す。うちあかす。「思いのたけを―・ける」
閉まっているものを勢いよくあける。「窓を―・ける」
ひっくり返して中に入っている物を出し、空にする。
「人の欲しがる物はこれぞ、と巾着にあるほど―・けて」〈浮・一代男・五〉
すっかり空になる。寂(さび)れる。
「さて石山の繁昌、京大坂が―・ける」〈浄・卯月の潤色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

打(ち)明けるの関連キーワードフェニック

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android