コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の沈黙 うみのちんもく Le Silence de la mer

3件 の用語解説(海の沈黙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海の沈黙
うみのちんもく
Le Silence de la mer

フランスの作家ベルコール中編小説 (レシ ) 。 1942年,秘密出版の「深夜叢書」の第1巻として出版。宿をとったドイツ軍将校に対して,「私」と姪は怒濤を内に秘め鳴りをひそめた海のような沈黙をもってこたえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うみのちんもく【海の沈黙】

《原題、〈フランスLe Silence de la merベルコールの小説。1942年、深夜叢書の第1巻として刊行。対独抵抗文学の傑作として知られる。1947年、ジャンピエールメルビル監督により映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海の沈黙
うみのちんもく
Le Silence de la Mer

フランスの作家ベルコールの処女短編小説。1942年刊。ナチス占領下、宿舎に割り当てられた田舎(いなか)家に、親仏的で礼儀正しいドイツ青年将校がやってくる。宿舎の主人(=語り手の私)もその姪(めい)も青年の人柄に好意を抱くが、無言で応対する。ナチスの欺瞞(ぎまん)性に気づいた青年は、自殺行為に等しい東欧戦線への出発を決意。そのとき沈黙は破られ、姪は「アデュー(さよなら)」のひとことを口にする。占領下の地下出版「深夜叢書(そうしょ)」の第一巻として作者の名を一挙に高め、いまなお香気を失わないレジスタンス文学の傑作。1948年にJ・P・メルビル監督により映画化された。[渡辺 淳]
『河野与一・加藤周一訳『海の沈黙・星への歩み』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の沈黙の関連キーワードシュウォブベルコールレオトー中編小説中編フランスソワールE=mc2サンドッグベルの死ランゴリアーズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone