コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)物 オシモノ

デジタル大辞泉の解説

おし‐もの【押(し)物】

得意とするもの。また、よく行われるもの。おしもん。
「さて芸子の―は」〈弦曲粋弁当〉
押し固めて作った菓子。落雁(らくがん)・塩竈(しおがま)の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の押(し)物の言及

【落雁】より

…俗に金沢の〈長生殿〉,新潟県長岡の〈越の雪〉,松江の〈山川〉などを日本三名菓と呼ぶが,これらはいずれも落雁の類である。ただし,〈越の雪〉や〈山川〉は彫刻した木型を用いず,箱状の木枠に詰めて押し固めるので,現在は押物(おしもの)と呼んで落雁と区別している。また,木型に詰めて押し固めるものを打物(うちもの)と呼び,さらにその中の上級品を打物,他を落雁とする呼び方もある。…

※「押(し)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

押(し)物の関連キーワード通信傍受法平ら一面山川芸子

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android