コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

係(り) カカリ

デジタル大辞泉の解説

かかり【係(り)】

《「掛かり」と同語源》
(「掛かり」とも書く)組織の中である仕事を専門に担当すること。また、その人。「係りの者が応対する」「案内係り
文法用語。
助詞が、それを受けて結ぶ文末に影響を及ぼすこと。
係り結びの係りとなる語。係助詞。結びに対する「」「なむ」「」「」「こそ」など。
関係。かかわり。
「御情にて今迄ながらへたるが平頭(ひんづ)の命、どこにゆかり―もなし」〈浄・松風村雨〉

けい【係】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) [訓]かかる かかり かかわる
学習漢字]3年
〈ケイ〉
かかわりをもつ。つながる。「係争係累関係連係
つなぎとめる。「係船係留
[補説]「繋(けい)」と通用する。
〈かかり(がかり)〉「係員係官係長庶務係」
[名のり]たえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

係(り)の関連キーワードジェームズ・C. ハガチーアンドリュー ハッチャーコーディネーターレセプショニストネフロンループヘンレのループアテンダントアナウンサーキャッシャーアッシャーマーカーよりしか交通巡査パーサー偏向の相比較の相影響の相手段の相ホペイロったら

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android