コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タン

デジタル大辞泉の解説

たん【担】

延喜式にみられる単位。荷物の数や量を示し、一人が担ぐ量を1担とする。
ピクル

たん【担〔擔〕】[漢字項目]

[音]タン(呉)(漢) [訓]かつぐ になう
学習漢字]6年
肩にかつぐ。「担架担夫荷担
責任などを引き受ける。「担税担当担任担保負担分担
[難読]担桶(たご)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たん【担】

奈良・平安時代の荷物を数える語。一人でかつげる程度の荷を一担とする。
奈良・平安時代の量の単位。一人でかつぐべき量をいう。
ピクル に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

担の関連キーワードモフ(MOF:Ministry of Finance)MOF(Ministry of Finance)ポリアクリルアミドゲル電気泳動キャンサーキャリア担体介在性膜輸送スープはるさめバシディオ胞子ストレッチャー凄麺SLIMゲル電気泳動飲み干す一杯至福の一杯御先棒担ぎアガリクスエリンギ茸粉吹猿腰掛担子菌類山神杓子平安時代高橋正功

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

担の関連情報