コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

括約筋(読み)かつやくきん(英語表記)sphincter muscle

百科事典マイペディアの解説

括約筋【かつやくきん】

環状筋のうち,収縮すればその部位を締めつけ閉じる働きをする輪状の筋肉。平滑筋横紋筋もある。瞳孔(どうこう)をせばめる瞳孔約筋,胃と小腸の境の幽門括約筋,尿道や肛門を締めておく尿道括約筋内肛門括約筋,外肛門括約筋などがある。
→関連項目筋肉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かつやくきん【括約筋】

管腔臓器を取り巻き、内容物の貯留や排出を調節する筋肉。幽門・肛門・膀胱・尿道・瞳孔などにある。部位によって平滑筋または横紋筋からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の括約筋の言及

【筋肉】より

…筋細胞の多くは細長い繊維状で,したがって筋細胞のことを筋繊維muscle fiberともいう。筋肉はすべて中胚葉から発生するが,瞳孔括約筋や皮膚の立毛筋は外胚葉に由来する。
[横紋筋と平滑筋]
 筋肉によって起こる運動には,手足を動かすときのように,自分の意志によってコントロールできる運動と,心臓の拍動や胃腸の運動のように,意志によってコントロールできない運動とがある。…

※「括約筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android