コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指事 しじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指事
しじ

六書の一つで,数や位置など,形を模写できない抽象的概念を表わすために考案された漢字。「一」,「二」,「上」 (← ) ,「下」 (← ) など。象形字を利用してつくることもある。「木」の上方に「一」をつけた「末」,下方につけた「本」など。象形と指事によって漢の基本ができあがっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しじ【指事】

漢字の六書りくしよの一。数量や位置などの抽象的概念を字形の上に表すもの。「一」「二」「上」「下」「末」「本」などの類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の指事の言及

【漢字】より


【漢字の種類と造字・転用】
 ふつう〈六書(りくしよ)〉と呼ばれる分類がある。六書とは指事・象形・会意・形声・転注・仮借の六つである。このうち前4者が文字の形による分類であり,後2者は文字の転用に関するものである。…

【六書】より

…《周礼(しゆらい)》《漢書》芸文志,《説文解字》等にその名が見える。いまそれらを利用しながら解説すれば,(1)指事 図形同士の相対関係によって抽象的な観念を表そうとするもの。〈上〉,〈下〉など。…

※「指事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

指事の関連キーワードフロアディレクター西夏文字象形文字説文解字甲骨文字指事文字中国語字形文字寿霊

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android