指紋法(読み)シモンホウ

大辞林 第三版の解説

しもんほう【指紋法】

指紋の分類による、個人の識別方法。日本では1908年(明治41)に警察指紋法によって採用された。犯罪捜査、犯人の確定などのほか遺伝学や人類学にも応用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しもん‐ほう ‥ハフ【指紋法】

〘名〙 指紋を分類し、個人を識別する方法。一八八〇年イギリスのフォールズとハーシェルが指紋は終生不変であることを見出し、これをもとにゴールトンが個人識別の分類法を案出し、日本では明治四一年(一九〇八)に警察指紋法によって採用された。この方法は犯罪捜査・確定などに適用されるほか、遺伝学や人類学の研究にも応用されている。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指紋法の関連情報