コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指紋法 シモンホウ

デジタル大辞泉の解説

しもん‐ほう〔‐ハフ〕【指紋法】

指紋をその特徴によって分類し、個人を識別する方法。英国のハーシェルが始め、19世紀後半にゴルトンが完成。日本では、明治41年(1908)警察が採用し、犯罪の捜査や犯人確定などに用いている。また、遺伝学人類学の研究にも利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもんほう【指紋法】

指紋の分類による、個人の識別方法。日本では1908年(明治41)に警察指紋法によって採用された。犯罪捜査、犯人の確定などのほか遺伝学や人類学にも応用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

指紋法の関連キーワード多型性マーカーベルティヨン大場 茂馬フォールズDNA鑑定個人識別大場茂馬指紋

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android