(読み)ケイ

デジタル大辞泉の解説

けい【系】

ある関係をもって、一つのつながりやまとまりをなすもの。系統。「一つのを形成する」
名詞に付いて、一つのまとまりのある関係にあることを表す語。「理科に進む」「外資の企業」「太陽」「銀河」「MKS単位
《鉄道会社によっては「型」または「形」を使う》一つの設計で量産された鉄道車両であることを示す記号。「新幹線N700系」のように表示する。
数学で、一つの定理から容易に導かれる命題。
地質年代に基づく地層区分。地質年代区分の「」に対応し、地層区分「」の下位区分。例えば、中生代の地層は中世界、後期白亜紀の地層は上部白亜と区分される。
生物学で、ある機能に関する器官であることを表す語。「泌尿器の病気」
[補説]俗語では2を発展させて、「ギャル系の話し方」「ビジュアル系バンド」「いかにも体育会系の若者」「癒(いや)し系」などと用いる。

けい【系】[漢字項目]

[音]ケイ(漢)
学習漢字]6年
糸すじのようにつながるもの。次々につながった関係。「系図系統系譜系列家系山系水系直系同系母系傍系
組織立ったまとまり。「大系体系
[名のり]いと・つぎ・つら・とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

「族」ほど排他的ではない、ゆるやかな関係性を示すことば。渋谷系、ビジュアル系など。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

岩石学辞典の解説

すべての物質で,その周囲の外界部分から完全に区別して隔離できる部分,様々な条件の下で,変化がその範囲中で起こると考えられるものをいう.この語は二成分系三成分系のように成分の集まったもので,相の観点から温度,圧力,組成などの変化について研究されている[Levin, et al. : 1950].三成分系以上の成分系を平面に表すために様々な方法が考えられているが,実際には困難である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けい【系 corollary】

数学や論理学において,一つの定理から容易に導かれる他の定理を,もとの定理の系という。例えば,〈二等辺三角形の2底角は等しい〉という定理を知れば,〈正三角形の3頂角は互いに等しい〉は容易に導かれるので,後者は前者の系である。 また,三角形の内角の和は2直角であることを知ったあとで上の定理を知れば,正三角形の頂角は60゜であることがすぐわかる。このように,既知の別の定理を考慮に入れた場合にも系といってもよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けい【系】

ある関係のもとにつながった統一体。体系。 「一つの-をなす」
〘数・論〙 〔corollary〕 一つの定理から派生的に導かれる命題。多くは利用価値の高い場合に導かれる。
〘地〙 地質時代区分の「紀」の期間に形成された地層・岩体。 「カンブリア-」
〔system〕 物理・化学・生物などの分野で、一定の相互作用や相互連関のもとにある、もしくはあると想定されるものから成る全体。力学系・生態系・神経系・開放系など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けい
system

地質時代における地層や岩石の区分単位の一つで、界より一段小さいもの。地質時代の紀に形成された地層や岩石をさし、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀、新第三紀のものは、それぞれ三畳系、ジュラ系、白亜系、新第三系というように用いられる。系はいくつかの統を寄せ合わせたもので、たとえば新第三系は中新統、鮮新統の二つからなる。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい【系】

〘名〙
① ある関係をもって、つながりをなすもの。系統。ちすじ。体系。特に、理化学では、一定の相互作用または相互連関を持つ物体の集合体をいう。〔哲学字彙(1881)〕
科学者芸術家(1916)〈寺田寅彦〉「箇々別々の事実を一つに系に纏める様な仕事には」 〔左思‐魏都賦〕
② 数学で、一つの定理からすぐに導かれる利用価値の高い命題の、もとの定理に対する称。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
③ 地層区分の単位の一つ。地質時代の区分の単位「紀」に対応する地層群をさす。たとえば石炭系と呼ばれる地層群の堆積した時を石炭紀と呼ぶなど。

つ・る【系】

〘他ラ四〙 (「釣る」と同語源か) 系統、系図をつらねる。つなぐ。→つり(系)
※玉塵抄(1563)三「宋朝までの祖師の宗派をつりたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【定理】より

…数学において,正しいことが証明できた事柄を定理という。理論構成において,多くの定理を得るわけであるが,その理論における位置づけによって,補助定理,系などの名称も用いる。すなわち,その理論構成において重要と考えるものをとくに定理と命名し,ある定理を導く段階で,証明などのため必要な定理を補助定理,または補題と呼ぶ。…

※「系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

系の関連情報