挿頭華(読み)かざし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挿頭華
かざし

冠に挿す造花。元来髪挿しの意で、髪に挿す飾りの花。古墳時代には髻華(うず)とも称した。飛鳥(あすか)時代になると髪に挿すばかりではなく、冠に金属製の造花や鳥の尾、豹(ひょう)の尾を挿して飾りとしたが、平安時代より、冠に挿す季節の花の折り枝や造花を挿頭華とよぶようになった。造花には絹糸でつくった糸花のほか金や銀製のものがあった。その挿し方は、冠の巾子(こじ)の根元につけられている上緒(あげお)に挿すが、官位、儀式により用いる花の種類が相違し、大嘗会(だいじょうえ)には天皇菊花、親王紅梅、大臣藤花、納言(なごん)桜花、参議山吹と決められた。祭りの使(つかい)および列見(れっけん)(朝廷で2月11日に六位以下の官吏を位階昇進の手続のため閲見、点呼する儀式)などの行事に参列する大臣以下も同じで、非参議以下はその時の花を用いる。定考(こうじょう)(8月11日に六位以下の官吏の勤務成績による加階昇任を定める儀式)のときは、大臣白菊、納言黄菊、参議竜胆(りんどう)、非参議以下はその時の花を用いる。踏歌節会(とうかのせちえ)に限って綿でつくった花を用いる。臨時祭のときは藤花、舞人は桜花とされた。挿頭華は行事のときに禁中から下賜されるのが例であるが、神社に行幸、御幸、行啓のときは社頭で下賜されることとなっている。『栄花物語』「御賀」に「かざしの花ども黄金、銀の菊の花を造りて」とある。『紫式部日記絵巻』に、祭りの使が冠に藤を、舞人や陪従が巻纓(けんえい)の冠に(おいかけ)をかけ桜を挿した姿をみることができる。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android