掌中(読み)ショウチュウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ちゅう〔シヤウ‐〕【掌中】

てのひらの中。
自分のものとして自由にできる範囲内。また、その中にあること。手中。「実権を掌中に収める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうちゅう【掌中】

てのひらの中。
自分の勢力の及ぶ範囲。 「勝利を-にする」 「 -におさめる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ちゅう シャウ‥【掌中】

〘名〙
① てのひらの中。手中。
※文華秀麗集(818)下・和野柱史観闘百草、簡明執之作〈巨勢識人〉「百香懐裡薫、数様掌中把」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一九「ベンタドアの玉手早く已にマルツラバースの掌中に在り」 〔陸游‐懐江公民表詩〕
② 領有・支配権の及ぶ範囲。また、その中にあること。
※玉葉‐建久九年(1198)正月七日「通親忽補俊院別当、禁裏仙洞可掌中歟」
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉四「居留地の警察外人の掌中に在るが為に」 〔資治通鑑綱目〕

た‐な‐うち【掌中】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掌中の関連情報