コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資治通鑑綱目 しじつがんこうもく Zi-zhi tong-jian gang-mu; Tzǔ-chih t`ung-chien kang-mu

4件 の用語解説(資治通鑑綱目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく
Zi-zhi tong-jian gang-mu; Tzǔ-chih t`ung-chien kang-mu

中国,南宋の朱熹 (→朱子 ) の撰といわれる史書。『通鑑綱目』とも呼ばれている。 59巻。司馬光の『資治通鑑』によって,その重要な事柄を掲げ,それを綱とし,それに注を施したものを目とした編年史

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しじつがんこうもく〔シヂツガンカウモク〕【資治通鑑綱目】

中国の歴史書。59巻。朱熹(しゅき)らの編。成立年未詳。「資治通鑑」を、綱(大要)と目(詳注)に分類して編集したもの。綱で朱熹が史実を要約し、目で門人の趙師淵が批評を加えている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しじつがんこうもく【資治通鑑綱目】

「資治通鑑」の記事を大義名分論・正統論の立場から再編した編年体の史書。五九巻。朱熹しゆきが大要(綱)を示し、門人の趙師淵らが詳注(目)を書いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく

中国の書名。南宋(なんそう)の朱熹(しゅき)(朱子。1130―1200)の著。59巻。綱とは朱子が大別した重要事項、目とは門人の趙師淵(ちょうしえん)が綱に付した詳しい注で、『資治通鑑』を彼の儒教的名分論に基づいて綱目に編集した編年体の史書。『資治通鑑』を簡略化したもので史料的価値は低いが、朱子学の確立とともに、正統論として重んじられ、日本の『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』や『大日本史』などの史論に与えた影響も大きい。[柳田節子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資治通鑑綱目の関連キーワード資治通鑑続資治通鑑長編通鑑吉田資治《資治通鑑紀事本末》《資治通鑑考異》《資治通鑑後編》《資治通鑑綱目》《資治通鑑補》《資治通鑑》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone