コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資治通鑑綱目 しじつがんこうもくZi-zhi tong-jian gang-mu; Tzǔ-chih t`ung-chien kang-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく
Zi-zhi tong-jian gang-mu; Tzǔ-chih t`ung-chien kang-mu

中国,南宋朱熹 (→朱子 ) の撰といわれる史書。『通鑑綱目』とも呼ばれている。 59巻。司馬光の『資治通鑑』によって,その重要な事柄を掲げ,それを綱とし,それに注を施したものを目とした編年史大義名分を強調している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しじつがんこうもく【資治通鑑綱目】

「資治通鑑」の記事を大義名分論・正統論の立場から再編した編年体の史書。五九巻。朱熹しゆきが大要(綱)を示し、門人の趙師淵らが詳注(目)を書いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく

中国の書名。南宋(なんそう)の朱熹(しゅき)(朱子。1130―1200)の著。59巻。綱とは朱子が大別した重要事項、目とは門人の趙師淵(ちょうしえん)が綱に付した詳しい注で、『資治通鑑』を彼の儒教的名分論に基づいて綱目に編集した編年体の史書。『資治通鑑』を簡略化したもので史料的価値は低いが、朱子学の確立とともに、正統論として重んじられ、日本の『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』や『大日本史』などの史論に与えた影響も大きい。[柳田節子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android