資治通鑑綱目(読み)しじつがんこうもく

日本大百科全書(ニッポニカ)「資治通鑑綱目」の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく

中国の書名。南宋(なんそう)の朱熹(しゅき)(朱子。1130―1200)の著。59巻。とは朱子が大別した重要事項、目とは門人趙師淵(ちょうしえん)が綱に付した詳しい注で、『資治通鑑』を彼の儒教的名分論に基づいて綱目に編集した編年体の史書。『資治通鑑』を簡略化したもので史料的価値は低いが、朱子学の確立とともに、正統論として重んじられ、日本の『神皇正統記(じんのうしょうとうき)』や『大日本史』などの史論に与えた影響も大きい。

[柳田節子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「資治通鑑綱目」の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく

の朱熹 (しゆき) が司馬光の『資治通鑑』にもとづいてその綱目を作ったもの
王朝を正統・非正統の別に分け,綱(大要)と目(細目)に分けて記述。正確な歴史記述より義理を重んじ,『資治通鑑』を簡略化したもので史料的価値は低いが,朱子学の確立により後世に思想的影響を与えた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「資治通鑑綱目」の解説

資治通鑑綱目
しじつがんこうもく
Zi-zhi tong-jian gang-mu; Tzǔ-chih t`ung-chien kang-mu

中国,南宋の朱熹 (→朱子 ) のといわれる史書。『通鑑綱目』とも呼ばれている。 59巻。司馬光の『資治通鑑』によって,その重要な事柄を掲げ,それを綱とし,それに注を施したものを目とした編年史。大義名分を強調している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「資治通鑑綱目」の解説

しじつがんこうもく〔シヂツガンカウモク〕【資治通鑑綱目】

中国の歴史書。59巻。朱熹しゅきらの編。成立年未詳。「資治通鑑」を、綱(大要)と目(詳注)に分類して編集したもの。綱で朱熹が史実要約し、目で門人の趙師淵が批評を加えている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「資治通鑑綱目」の解説

しじつがんこうもく シヂツガンカウモク【資治通鑑綱目】

中国、宋代の史書。五九巻。朱子撰。宋の司馬光の「資治通鑑」を綱目に分けて編集したもの。「綱」では朱子が史実の要約を行ない、「目」では弟子の趙師淵が史評を加えている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android