掛け鯛/懸け鯛(読み)カケダイ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐だい〔‐だひ〕【掛け×鯛/懸け×鯛】

昔の正月の飾り物。2匹の塩鯛をわら縄で結び合わせ、かまどの上や門松などに掛けたもの。小鯛を用いたので「掛け小鯛」とも。 新年》「―の影や柄杓(ひしゃく)のささら浪/紅葉
祝儀飾り物。2匹の生鯛を美しい縄でくくり、台の上に置くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android