コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け鯛/懸け鯛 カケダイ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐だい〔‐だひ〕【掛け×鯛/懸け×鯛】

昔の正月の飾り物。2匹の塩鯛をわら縄で結び合わせ、かまどの上や門松などに掛けたもの。小鯛を用いたので「掛け小鯛」とも。 新年》「―の影や柄杓(ひしゃく)のささら浪/紅葉
祝儀飾り物。2匹の生鯛を美しい縄でくくり、台の上に置くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛け鯛/懸け鯛の関連キーワードかまど訳良し柄杓小鯛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android