コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推恩の令 すいおんのれい Tui-en; T`ui-ên

2件 の用語解説(推恩の令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推恩の令
すいおんのれい
Tui-en; T`ui-ên

中国,前漢の武帝時代に行われた諸侯王対策の一つ。元朔2 (前 127) 年,主父偃 (しゅほえん) の献策によって,諸侯王の嫡子以外の子弟にも,「親親の恩」を加えることを許すという意味で,その国を分割相続することを許可した法令。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

推恩の令
すいおんのれい

中国、前漢の武帝が紀元前127年に、主父偃(しゅほえん)の建言によって行った諸侯王の抑制策。推恩とは、諸侯王の子弟に慈しみを施して封地を分有させる意。この法令によって、嫡子以外の諸侯王の子にも領地を削って与え、王子侯や列侯の爵位を授けた。当時、郡国制をとっていた前漢王朝には、中央集権体制を目ざすうえで劉(りゅう)氏一族の同姓諸侯王の勢力を抑える必要があった。この法令によって子弟に与えられた封地は中央直轄の郡の下に属することになり、諸侯王の領土自体も縮小するとともに自治権が奪われ、もはや諸侯王は封地から租税を得る権限をもつだけになった。武帝は、こうして郡国制から郡県制への転化を意図したのである。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の推恩の令の言及

【漢】より

…乱のあと,景帝は諸王を政治の座から切りはなし,王国の政治は相(しよう)をはじめとする中央派遣の官吏が執行することにした。また諸王の封地を王子たちに細分して小諸侯に立てる(推恩の令)など,一挙に諸王の権力を奪い勢力を削った。ついで立った武帝は諸王の行為にさらに厳しい法的制限を加えて圧迫したため,諸王は何の権力ももたず,ただ封地の租税によって生活を保証されるだけの存在となり,この状態は以後の漢代を通じて継承された。…

※「推恩の令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

推恩の令の関連キーワード公羊学呉楚七国の乱新楽府漢武地壇衛綰売爵令『史記』景帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone