掬する(読み)キクスル

デジタル大辞泉の解説

きく・する【×掬する】

[動サ変][文]きく・す[サ変]
両手で水などをすくいとる。
「水を―・して喉を湿(うる)おし」〈竜渓経国美談
気持ちをくみとる。推し量って理解する。「真情を―・する」
手にすくいとって味わいたいと思う。
「ある―・すべき情景に逢うと」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きくする【掬する】

( 動サ変 ) [文] サ変 きく・す
水などを両手ですくう。 「雪あり、…-・して之を食はんとし/不二の高根 麗水
事情などをくみとって察する。 「 - ・すべき意見」
手にとって味わう。 「秀明幽邃-・すべき森/緑簑談 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android