掻き立てる(読み)カキタテル

デジタル大辞泉の解説

かき‐た・てる【×掻き立てる】

[動タ下一][文]かきた・つ[タ下二]
勢いよくかき回して、まぜる。「卵を―・てる」
刺激を与えて、感情や行動を起こすように促す。そそる。「関心を―・てる」
灯心を上に引き上げて明るくする。また、薪や炭火などを、つついて火の勢いを強くする。「灯心を―・てる」「囲炉裏の火を―・てる」
オーバーなどの襟を立てる。「寒風に襟を―・てる」
弦楽器を弾く。
「琴の音のあるかぎり―・てて遊ぶに」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掻き立てるの関連情報