コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き立てる カキタテル

デジタル大辞泉の解説

かき‐た・てる【×掻き立てる】

[動タ下一][文]かきた・つ[タ下二]
勢いよくかき回して、まぜる。「卵を―・てる」
刺激を与えて、感情や行動を起こすように促す。そそる。「関心を―・てる」
灯心を上に引き上げて明るくする。また、薪や炭火などを、つついて火の勢いを強くする。「灯心を―・てる」「囲炉裏の火を―・てる」
オーバーなどの襟を立てる。「寒風に襟を―・てる」
弦楽器を弾く。
「琴の音のあるかぎり―・てて遊ぶに」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掻き立てるの関連キーワード死と乙女灯心

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掻き立てるの関連情報