握髪吐哺(読み)アクハツトホ

大辞林 第三版の解説

為政者の、賢者を求める気持ちの強いたとえ。握髪。吐哺捉髪とほそくはつ周公は客が来ると洗髪中でも髪を握ったままで、また食事中には口に入れた食物を吐き出してすぐに出て会ったという韓詩外伝史記魯周公世家の故事から

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (周公が賢者の訪問を受けたときは、洗髪の途中でもたびたびその髪を手に握ったまま出て会い、また、いったん口に入れた食べ物でもそれを吐き出して会ったという「史記‐魯周公世家」にある故事から) 賢者を求める気持の強いこと。賢者の到来の折、待たせることなくすぐ会うこと。
※常山文集(1718)徳川光圀「握髪吐哺右規左箴崇道起廃」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

賢者を求める気持ちの強いこと。賢者の到来、待たせることなくすぐ会うこと。すぐれた人材を迎え入れるのに熱心であることのたとえ。

[解説] 「握髪」は髪の毛を握る。「吐」は口に含んでいるものを吐き出すこと。中国の周公が賢者の訪問を受けたときは、洗髪の途中でもたびたびその髪を手に握ったまま出て会い、また、いったん口に入れた食べ物でもそれを吐き出して会ったという「史記―魯周公世家」にある故事によっています。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android