コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沸く ワク

デジタル大辞泉の解説

わ・く【沸く】

[動カ五(四)]《「湧(わ)く」と同語源》
水などが熱せられて沸騰する。また、適当な熱さになる。「湯が―・く」「風呂が―・く」
感情が高ぶる。熱狂して騒ぎたてる。「ファインプレーに場内が―・く」「勝利に―・く」
発酵して泡を立てる。「ぬかみそが―・く」
水が激しくたぎり流れる。さかまく。
「川の―・きたる、滝の落ちたる」〈宇津保・祭の使〉
金属が熱せられて溶ける。
「(大仏ノ)御身は―・きあひて山の如し」〈平家・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わく【沸く】

( 動五[四] )
〔「わく(湧)」と同源〕
水などが熱せられて熱くなる。水が湯になる。また、沸騰する。 「風呂が-・く」 「やかんの湯が-・く」
水の勢いが激しくて、泡立ち逆巻く。 「逆波が-・く」 「川の-・きたる/宇津保 祭の使
金属が熱せられ、溶ける。 「御身は-・き合ひて山の如し/平家 5
発酵して泡を立てる。 「ぬかみそが-・く」
興奮する。盛んに行われる。 「会場が-・いた」
[表記] わく(沸・湧)
「沸く」は“水が湯になる。興奮する”の意。「風呂が沸く」「やかんの湯が沸く」「逆波が沸く」「会場が沸く」  「湧く」は“地中から出てくる。生じる。発生する”の意。「涌く」とも書く。「敷地内に温泉が湧く」「興味が湧かない」「突然アイディアが湧く」「ぼうふらが湧く」「降って湧いたような話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

沸くの関連キーワード西部開拓史/活躍した「英雄」たちエンパイア・ステート・ビル新潟県南蒲原郡田上町アイゼンシュテット風雲クロンダイクエールステッドガス湯沸かし器飯岡助五郎サモワール金は湧き物後奈良天皇アイラー藤原道長ちんちん雄別炭砿りんりん沸き立つロンバハ泥の河沸き

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沸くの関連情報