揮発油(読み)キハツユ

  • volatile oil, gasoline

世界大百科事典 第2版の解説

ガソリンと同義で,ガソリンエンジン用燃料(自動車ガソリンおよび航空ガソリン)と溶剤としての工業ガソリンの総称であるが,一般家庭では,後者のうち衣服のしみ抜きなどに用いられるベンジン(石油ベンジン)をさしてこう呼ぶこともある。ガソリン【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 石油の低沸点留分、とくに沸点約摂氏一八〇度以下のものをいう。燃料として用いられる場合に限ってガソリンとよばれる。揮発。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の揮発油の言及

【ガソリン】より

…揮発油ともいう。沸点範囲が30~220℃の石油留分(中間製品)および製品の総称。…

【強精剤】より

…これも大量投与により延髄麻痺をきたし,痙攣(けいれん)や呼吸麻痺,心臓停止に至る危険がある。刺激して勃起を促すという考えで用いられるのがカンタリジンや揮発油である。これらを内服すると尿中に排出されるとき尿路で刺激性を現し,それによって勃起が促される。…

※「揮発油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揮発油の関連情報