コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搗布 カジメ

2件 の用語解説(搗布の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かじ‐め〔かぢ‐〕【×布】

《古くは「かちめ」。「搗(か)ち藻(め)」の意》チガイソ科の褐藻。水深5~20メートルの海底に生える。茎は長さ1~2メートルで、大きな羽状の葉をもつ。ヨードアルギン酸をとる。地方によりアラメともいう。さがらめ。 春》「蜑人(あまびと)ら―を刈りて負ひきたる/秋桜子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かじめ【搗布】

褐藻類コンブ目の海藻。中部太平洋岸の深さ5~30メートルの岩上に生える。茎は長さ2メートルに達し、ほぼ同長の葉をつける。葉片は革質で、羽状複葉状。ヨード・アルギン酸の原料。ノロカジメ。 [季] 春。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone