コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒布 アラメ

デジタル大辞泉の解説

あら‐め【荒布】

コンブ科の褐藻。外洋のやや深い海に生える。葉は羽状でカジメに似るが、両面にしわがあり、暗褐色で、乾くと黒くなる。食用や肥料とする。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらめ【荒布】

褐藻類コンブ目の海藻。温暖な海水中に生え、黒褐色で全長1.5メートルほど。下茎は上部でふたまたに分枝し、それぞれに十数枚の葉状片をつける。夏期収穫し、ヨードの原料や食用・肥料などにする。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

荒布 (アラメ)

学名:Eisenia bicyclis
植物。コンブ科の褐藻

荒布 (アラメ)

植物。コンブ科の褐藻。カジメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

荒布の関連キーワード木下 杢太郎スバル(昴)木下杢太郎黒褐色魚河岸アラメヨード芋茎夏期海藻

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android