コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搦め手 カラメテ

デジタル大辞泉の解説

からめ‐て【×搦め手】

《「からめで」とも》
城やとりでの裏門。陣地などの後ろ側。⇔大手
相手の弱点。相手が注意を払っていないところ。「搦め手から批判する」
「―の妻の冬子を攻落して」〈二葉亭其面影
城の裏門や敵陣の後ろ側を攻める軍勢。⇔大手
「―の大将軍は九郎御曹司義経」〈平家・九〉
敵や罪人を捕縛する人。とりて。
「―四方を巻きて攻むるに」〈著聞集・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からめて【搦め手】

城の裏門。敵の背後。また、そこを攻める軍勢。 ↔ 大手おおて
相手の弱点。また、相手があまり注意していないところ。 「 -から論破する」
からめとる人。捕り手。 「 -向かひ候ふ事/著聞 12

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

搦め手の関連キーワード追落す源義経大手門裏門追手著聞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

搦め手の関連情報