コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撃壌 ゲキジョウ

デジタル大辞泉の解説

げき‐じょう〔‐ジヤウ〕【撃壌】

大地を踏んで拍子をとり、歌をうたうこと。太平の世を楽しむようすをたとえていう。「鼓腹(こふく)撃壌
中国の遊戯(くつ)の形に似せた木を地面に置き、離れた所から同じ形の木を投げ当てる。下駄打(げたう)ち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げきじょう【撃壌】

〔撃壌歌の故事から〕
地面をたたいて拍子をとること。平和な世の中を楽しむありさまをいう。 → 鼓腹こふく撃壌
中国の遊び。木靴に似た木を地面に立て、同じ形の別の木でねらいうつ。下駄打ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の撃壌の言及

【根木】より

…木の枝のまたを短く切って残して鉤(かぎ)のようにした棒も使われ,柳田国男はこれは木の枝に対する信仰と関係があり,〈ねんがら〉の〈ねん〉は〈念〉ではないかといっている。古くは〈無木(むき)〉といい,《骨董集》では〈撃壌(げたうち)〉に同じとしている。これは中国に古くから伝わるもので,幅10cmほどの履(くつ)の形をした木片を立て,30歩ほど離れたところから同形のものを投げつけて倒す遊びである。…

※「撃壌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

撃壌の関連キーワード擊・劇・戟・撃・檄・激・隙喜田村修蔵ありさま下駄打ち撃壌歌邵康節拍子鼓腹腹鼓木靴邵雍

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android