播磨国の土一揆(読み)はりまのくにのつちいっき

世界大百科事典 第2版「播磨国の土一揆」の解説

はりまのくにのつちいっき【播磨国の土一揆】

播磨国に起きた土一揆総称。播磨国で土一揆の起きた事例としては,現在まで4例が知られている。第1は,1428年(正長1)11月に起きた土一揆で,このときには徳政令が出されたことが確認される。第2は,1429年正月に起きた一揆で,土民は〈を国中に在らしむべからず〉というスローガンのもとに,守護代をはじめとする守護方の軍勢や諸荘園の代官を攻めて,これを討ち取っている。第3は,1454年(享徳3)5月に赤穂郡中の土一揆の蜂起した事実が知られるが,詳しい事情はわからない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android