コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支払協定 しはらいきょうてい

2件 の用語解説(支払協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支払協定
しはらいきょうてい

第2次世界大戦後に普及した2国間の為替清算制度為替管理下における外国貿易の縮小を防ぐために結ばれるもので,外国為替銀行による個々の取引を為替集中制を通じて相互の政府機関の間の貸借に切替え,一定時期に決済する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

支払協定【しはらいきょうてい】

国際取引の決済にあたって,あらかじめ協定した収支の一定割合の範囲内で,相互に相手国通貨を対価として自国通貨を供与し,支払に必要な資金を融通し合う2国間協定。相互の収支均衡をたてまえとするため,世界貿易の発展の条件とされる多角的決済の原則に反するが,第2次大戦後のドル不足時代に広く行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone