コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改質[ナフサ] かいしつナフサ reforming

1件 の用語解説(改質[ナフサ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改質[ナフサ]
かいしつナフサ
reforming

ナフサを構成する炭化水素の構造をオクタン価のより高い炭化水素に転化させること。高オクタン価ガソリンの製造を目的として行われる。改質法には高温,高圧下での熱改質法と触媒を用いての接触改質法があるが,熱改質法はガソリンの収率が低く改質の運転条件が厳しいなどの難点があり,日本では 1950年代以後,熱改質法はほとんど利用されていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改質[ナフサ]の関連キーワードアセチレン系炭化水素ナフテン芳香族炭化水素改質航空機燃料ナフテン系炭化水素不飽和炭化水素飽和炭化水素脂環式炭化水素改質法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone