コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放精 ホウセイ

3件 の用語解説(放精の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐せい〔ハウ‐〕【放精】

体外に精子を放出すること。魚類や両生類などの水生動物の雄の多くに見られ、水中に放卵されたに精子を放ち、受精を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうせい【放精】

動物が精子を体外へ放出すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放精
ほうせい

水生動物の雄が、媒精(授精)のために精子を水中に放出することをいう。同様に、雌が卵を水中に放つのが放卵である。放精によって行われる受精は体外受精であり、交尾などによって受精が雌の体内で行われるのが体内受精である。放精の引き金となる刺激には多様な要素がある。たとえば、自然的な刺激としては、潮の干満、塩分濃度、温度差などのほかに、波などによる機械的刺激があり、また、実験的に放精をおこさせるものとしては、電気刺激や、塩化カリウムなどの塩類溶液の注射が知られている。体内で放精をコントロールする物質としては、カエルや魚類におけるゴナドトロピンや、ヒトデにおける生殖巣刺激物質(GSS)のような、生殖腺(せん)刺激ホルモンの働きが知られている。パロロなどゴカイのなかのある種や、ニッポンウミシダやガンガゼなど棘皮(きょくひ)動物の一部では、満月や新月のような月の満ち欠けに関連した、1年のうちの特定の日の決まった時間に、一斉に放精が行われることがよく知られている。[雨宮昭南]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の放精の言及

【受精】より

…本項では狭義に受精を考えて,それ以前に起こる現象を受精前現象,また以後の現象を受精後現象とすることとする。
[受精の様式と受精前現象]
 水中に住む動物では,両親となる雌雄個体のそれぞれが,周囲の水中に卵子および精子を放出(卵子の場合は放卵,精子の場合は放精という)し,両親の体外で受精が起こる場合が多い。このような受精の様式を体外受精と呼ぶ。…

※「放精」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

放精の関連キーワードウォルフ管外鰓胎生多光子遷移β崩壊媒精排便卵塊熱陰極放出遠賀川水辺館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放精の関連情報