コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦賀原発

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

敦賀原発

福井県敦賀市にある日本原電原発。2基あり、1号機は日本初の商用軽水炉で1970年3月に運転を始め、現役の原発では最も古い。2号機は87年2月に運転開始。2004年、日本原電は国に3、4号機の増設を申請している。

(2013-05-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

敦賀原発【つるがげんぱつ】

日本原子力発電の原子力発電所。敦賀原子力発電所。福井県敦賀市明神町。1〜4号機で,1号機は1970年運転開始で沸騰水型軽水炉,2号機は1987年運転開始で加圧水型軽水炉,3号機,4号機は準備工事中である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵miniの解説

敦賀原発

福井県敦賀市にある日本原子力発電株式会社(日本原電)の原子力発電所。敷地面積約510万平方メートル。敦賀発電所1号機、同2号機からなる。1号機は日本初の商用の軽水炉であり、1970年3月に運転開始した日本で最も古い原子力発電所。定格出力は35.7万キロワット。2号機は日本で初めてプレスト・コンクリート製格納容器を採用した国産改良標準型軽水炉で、87年2月に運転を開始した。定格出力116万キロワット。原発の運転期間は原則40年と規定されていることから、2015年3月17日、日本原電は同原発1号機を廃炉にすることを正式に決定した。

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

敦賀原発の関連キーワードこれまでの老朽化原発の運転継続原発再稼働をめぐる状況原発敷地の活断層調査原子力安全・保安院原子力規制委員会県の拡散想定図北陸電力[株]中部電力[株]関西電力[株]福井県敦賀市原子力産業高齢原発

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敦賀原発の関連情報