コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦賀原発

3件 の用語解説(敦賀原発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

敦賀原発

福井県敦賀市にある日本原電の原発。2基あり、1号機は日本初の商用軽水炉で1970年3月に運転を始め、現役の原発では最も古い。2号機は87年2月に運転開始。2004年、日本原電は国に3、4号機の増設を申請している。

(2013-05-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

敦賀原発【つるがげんぱつ】

日本原子力発電原子力発電所。敦賀原子力発電所。福井県敦賀市明神町。1〜4号機で,1号機は1970年運転開始で沸騰水型軽水炉,2号機は1987年運転開始で加圧水型軽水炉,3号機,4号機は準備工事中である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

知恵蔵miniの解説

敦賀原発

福井県敦賀市にある日本原子力発電株式会社(日本原電)の原子力発電所。敷地面積約510万平方メートル敦賀発電所1号機、同2号機からなる。1号機は日本初の商用の軽水炉であり、1970年3月に運転開始した日本で最も古い原子力発電所。定格出力は35.7万キロワット。2号機は日本で初めてプレストコンクリート格納容器を採用した国産改良標準型軽水炉で、87年2月に運転を開始した。定格出力116万キロワット。原発の運転期間は原則40年と規定されていることから、2015年3月17日、日本原電は同原発1号機を廃炉にすることを正式に決定した。

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敦賀原発の関連キーワード福井県内の原発福井県敦賀市沓福井県敦賀市沢福井県敦賀市泉福井県敦賀市新保福井県敦賀市谷福井県敦賀市手福井県敦賀市堂福井県敦賀市原福井県敦賀市吉河

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敦賀原発の関連情報