原子力安全保安院(読み)げんしりょくあんぜんほあんいん

大辞林 第三版の解説

げんしりょくあんぜんほあんいん【原子力安全保安院】

経済産業省の外局の一。エネルギー施設や産業活動の安全確保を目的として、2001年(平成13)発足。事故・トラブルの未然防止、事故発生時の対応や被害拡大の防止、事故の再発防止を行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原子力安全保安院の関連情報