コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数珠引 じゅずひき

1件 の用語解説(数珠引の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅずひき【数珠引】

数珠を作る職人。《七十一番歌合》には念珠引として現れ,《人倫訓蒙図彙》《今様職人尽百人一首》などでは〈数珠師〉ともいわれ,洛中洛外図にも数珠屋がみられる。そこに描かれた職人は僧形で,舞錐(まいぎり)を使っているが,その組織などはまだ明らかにされていない。【網野 善彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

数珠引の関連キーワード弓師六百番歌合鞘師念珠筆工名工槍師菓子杜氏櫛挽き職人歌合せ