洛中洛外図(読み)らくちゅうらくがいず

日本大百科全書(ニッポニカ)「洛中洛外図」の解説

洛中洛外図
らくちゅうらくがいず

日本画の画題の一つ。京都の市中(洛中)と郊外(洛外)のありさまを描いたもので、一種の都市風俗画。室町末期から江戸初期にかけて盛行した。画巻形式や画帖(がじょう)形式のものもあったが、大多数は六曲一双の屏風(びょうぶ)形式をとり、右隻(うせき)にはおもに鴨川(かもがわ)以東の東山一帯の景観を背景に洛中の一部を、左隻には北山から西山を背景に同じく洛中の一部をあてる。洛中洛外に点在する著名な神社、仏閣、諸名所が網羅され、さらに四季ないしは12か月にわたる諸景物や祇園(ぎおん)祭礼、賀茂競馬(かものくらべうま)などといった祭礼行事が、そこに集い遊楽する人々の姿とともに事細かに写し出される。そこには大和(やまと)絵の画題であった四季絵や名所絵の伝統が豊かに流れていたが、それらと洛中洛外図とが決定的に異なる点は、前者が京洛の諸様相を和歌や古典文学などに触発された情趣的な景物として扱っているのに対し、洛中洛外図では、現在「かくある」姿として都の全体がとらえられている点にある。それゆえその景観構成には、各時代の都の景気や政治権力の所在、動向などが明瞭(めいりょう)に反映された内容となっている。

 洛中洛外図については、1506年(永正3)土佐光信(とさみつのぶ)が「京中」を屏風に描いたことが『実隆公記(さねたかこうき)』の記事で知られ、ほぼこのころまでには画題として成立していたとみられるが、残念ながらそこまでさかのぼる遺品はない。現存最古の作品は町田家旧蔵(現国立歴史民俗博物館)の『洛中洛外図屏風』で、1530年代の景観を示す。これより約30年後の京都を描き、織田信長が上杉謙信(けんしん)に贈ったと伝えられる上杉家本(山形・上杉氏蔵)を加えて初期洛中洛外図とよぶ。ともに公方(くぼう)(足利(あしかが)将軍家)や典厩(てんきゅう)、細川(管領(かんれい))の一連の殿舎が描き込まれ、室町末期の都の景気を写し出している。ついで豊臣(とよとみ)秀吉の時代になると、聚楽第(じゅらくだい)と方広寺とが景観の中核となり(東京・三井文庫の六曲一隻『聚楽第図屏風』)、さらにこれが徳川政権への交代期になると、左隻に二条城、右隻に方広寺を大きく描き、不安定な政情を敏感に反映した画面となる(東京国立博物館の『洛中洛外図屏風』)。そして徳川幕府が安定に向かう元和(げんな)・寛永(かんえい)期(1615~44)以降は、左隻の中心に二条城を置き、右隻は祇園会(え)と内裏(だいり)とを大きく描くようになり、以後の洛中洛外図はすべてこの景観構成を踏襲する。しかし画題としての生命力はここまでで、その後おびただしく制作されたが類型化が著しく、新たな展開をみせずに終わった。遺品は前記のほか、岡山・林原美術館本、富山・勝興寺本、東京・サントリー美術館本などまことに多い。

[榊原 悟]

『石田尚豊・内藤昌他監修『洛中洛外図大観』(1987・小学館)』『武田恒夫編『日本の美術20 近世初期風俗画』(1967・至文堂)』『辻惟雄編『日本の美術121 洛中洛外図』(1976・至文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「洛中洛外図」の解説

洛中洛外図
らくちゅうらくがいず

京都の市街地 (洛中) および郊外 (洛外) の様子を俯瞰的に描いた都市風俗図。多くは6曲1双の屏風形式をとり,のちに絵巻,画帖形式のものも現れた。名所絵,四季絵,月次 (つきなみ) 絵など,やまと絵の伝統的画題を総合的に取入れて室町時代末期に成立,近世初期風俗画母体ともなった。室町,安土桃山,江戸の各時代の京都の景観に応じて画面構成も変化するなど,社会経済史,文化史の資料としても貴重。主要遺品は町田家所蔵本,狩野永徳筆上杉家旧蔵本 (米沢市立上杉博物館蔵,国宝) ,勝興寺所蔵本,岡山美術館所蔵本,伝岩佐勝以筆の東京国立博物館蔵本 (『舟木屏風』) ,住吉具慶筆の同館蔵の図巻など。ただし江戸時代初期を過ぎると,仕込み絵的に量産されて類型化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「洛中洛外図」の解説

らくちゅうらくがい‐ず ‥ラクグヮイヅ【洛中洛外図】

〘名〙 近世初期風俗画の画題の一つ。京都市中および郊外の風景や市民生活を大観的に描いたもの。六曲一双の屏風絵のほか画巻、画帳、扇面などもある。室町末期から江戸初期に盛行。代表的なものに旧町田家本(国立歴史民俗博物館蔵)、旧舟木家本(東京国立博物館蔵)、上杉家本(作、狩野永徳)などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「洛中洛外図」の解説

洛中洛外図【らくちゅうらくがいず】

屏風(びょうぶ)に,京都の市中市外の建物,風俗を,俯瞰(ふかん)式構図で細密に描いたもの。室町時代末から江戸時代初めにかけて,盛んに作られ,狩野永徳筆の作品(上杉家本)が有名。
→関連項目花の御所風俗画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「洛中洛外図」の解説

らくちゅうらくがいず【洛中洛外図】

室町後期に成立し,江戸時代まで続いて制作された風俗画の一種。普通六曲屛風一双の画面からなり,京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の名所や旧跡あるいは四季折々の行事などを,一望のもとに描く。洛中洛外画の文献上の初見は,室町時代の《実隆公記》で,永正3年(1506)12月22日の条には,越前朝倉氏の注文で絵所預(えどころあずかり)土佐光信が,〈京中〉を描いた屛風を作ったとある。洛中洛外図はそれ以前に盛行した四季絵月次(つきなみ)絵名所絵を総合化して成立したものだが,それらと相違するのは,〈時〉の視点を導入したことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の洛中洛外図の言及

【職人尽絵】より

…これに対して《職人尽図屛風》(川越市喜多院)は各扇2図ずつ計24図の六曲一双の貼込屛風で,狩野吉信(1552‐1640)の筆になる。これらは職人生活の実態を,店頭のみならず町屋を背景に描いており,《洛中洛外図屛風》の一こまを切り取った観がある。細密に描かれた《洛中洛外図屛風》の人物像を分析すると,《三十二番》《七十一番》の職人歌合絵巻に描かれた職人が,驚くほど多数登場し,歌合絵巻のきずなを脱して屛風に踊り出た,のびのびとした職人の生態が見いだされる。…

※「洛中洛外図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android