辛酉革命(読み)しんゆうかくめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辛酉革命
しんゆうかくめい

辛酉 (かのととり) の年には大きな社会変革が起るという説。神武紀元を『日本書紀』で前 660年の辛酉と定めたのもこの説によるもので,天智天皇の即位も 661年の辛酉であった。 901年も辛酉にあたったので,三善清行の提議により延喜と改元され,これ以後,江戸時代までたびたび辛酉の年に改元が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

辛酉革命【しんゆうかくめい】

辛酉(かのととり)の年には社会的変革が起こるとする讖緯(しんい)説の一つ。7世紀初頭,三革説(甲子(こうし)革令,戊辰(ぼしん)革運,辛酉革命)として日本に伝えられ,聖徳太子の十七条憲法の発布が甲子(きのえね)の年,《日本書紀》の紀年を定めるに当たって神武紀元を辛酉の年にするなどの影響があった。901年以後辛酉の年にはことごとく改元が行われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんゆうかくめい【辛酉革命】

辛酉かのととりの年には異変が起こるという一種の予言説。中国の讖緯しんい説によるもので、日本でも平安初期の三善清行などによって唱えられた。 → 三革

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辛酉革命
しんゆうかくめい

干支が辛酉(しんゆう)(かのととり)にあたる年には大変革が起こるという思想。甲子革令(かっしかくれい)も同様の考えによる。中国で発展した讖緯(しんい)説で、60年に一度の辛酉の年は天命が革(あらた)まって王朝が交替する危険な運にあたる年であるため、改元してその難を避ける習慣がおこった。これを革命改元とよぶ。わが国では聖徳太子のころから信奉され、『日本書紀』の紀年もこの思想によって構成されたとされる。革命改元は901年(延喜1)を初例とし、室町時代に一時中断したことはあるが、幕末の1861年(文久1)まで継続して行われた。[岡田芳朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の辛酉革命の言及

【改元】より

…(3)は,天変地異,火災,疫癘,干ばつ,洪水,飢饉,兵革などに際して行われる改元であって,923年水害悪疫によって延長と改元したのを初めとして,永祚(彗星),天慶(平将門の乱),貞永(飢饉),文明(兵乱),安永(風水害)等,平安中期以降,中世・近世にもその例ははなはだ多い。(4)は讖緯(しんい)説とよばれる中国輸入の吉凶予言の説によって,901年が辛酉(しんゆう)革命の年に当たるとして延喜と改元し,964年が甲子(かつし)革令の年に当たるとして康保と改元したのを各初例として,辛酉,甲子の年に改元するのが例となった。以上,祥瑞,災異,革命を理由とする改元は,年号のもつ呪力によって招福攘災を期するものとも説かれるけれども,むしろ年号にそのような呪力ありとする国家側の信仰もしくは主張を実体化し定着させようとする一種の政治技術と解すべきであろう。…

【干支】より

…そのうち日本で独自に発達したものや,暦注などに使われて今なお信じられているもののいくつかを紹介してみよう。 (1)辛酉(しんゆう)革命,甲子革命 中国の緯書(いしよ)にみえる予言説。中国よりも日本で信じられ,この年になると改元が行われた。…

【紀年法】より

…日本では孝徳天皇のときに大化の元号が採用され(A.D.645),それ以後この制度が行われた。中国における改元の理由のほかに,日本では中国の緯書にもとづく辛酉革命,甲子革令の説によって,辛酉および甲子の年に改元することが王朝時代からはじまった。こうして一人の天皇の在位中に数回の改元が行われたが,明治以後は明・清と同じく,一世一元号制が行われるようになった。…

【紀年論】より

…神功紀,応神紀の紀年は両紀に引用された百済史料《百済記》と同じ干支ながら,120年の差があることから,両紀の紀年が120年(干支2運)くりあげられていることを那珂は論証した(今日,この干支2運くりあげの紀年操作は神功皇后を卑弥呼に擬定するためと理解されている)。さらに那珂はいわゆる神武紀元の設定を讖緯(しんい)説の辛酉革命の考えから説明した。那珂は暦法上の周期として1蔀(ほう)を21元=1260年と算出して,推古9年(601)から1260年さかのぼった辛酉年を神武天皇即位の年と設定したと論じた(1蔀を1320年と算出する説もある)。…

【元号】より

…災異改元は,奈良時代には恵美押勝の乱や凶作などを理由に行われた天平神護の改元(765)の一例があるが,これがしきりに行われるのは水災・疾疫による延長の改元(923)からで,以後地震,暴風,火災,飢饉,兵乱その他災異による改元がしばしば行われ,江戸時代にまで及んでいる。次に辛酉および甲子の年の改元は,901年(昌泰4)の辛酉の年に当たり,讖緯説の辛酉革命,甲子革令の思想に基づき改元の必要を説く文章博士三善清行の意見(意見十二箇条)によりこの年を延喜と改元したのが始まりで,次の辛酉の年961年(天徳5)に応和と改元したのについで,964年(応和4)の甲子の年には康保の改元が行われ,以後若干の例外はあるが,江戸時代の末に至るまで辛酉および甲子の年には改元するのが恒例となった。
[改元の手続]
 それでは改元はどのような手続によって行われるであろうか。…

※「辛酉革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android