コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文室大市 ふんやの おおち

2件 の用語解説(文室大市の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文室大市 ふんやの-おおち

704-780 奈良時代の公卿(くぎょう)。
慶雲(きょううん)元年生まれ。天武天皇の孫。長(ながの)皇子の第7王子。はじめ大市王,邑知王。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年兄浄三(きよみ)とともに文室真人(まひと)の氏姓をあたえられた。参議,中務(なかつかさ)卿などをへて,大納言,正二位。宝亀(ほうき)11年11月28日死去。77歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふんやのおおち【文室大市】

704‐780(慶雲1‐宝亀11)
奈良時代賜姓皇族。長親王の第7子で文室浄三の弟。もと大市王と称し739年(天平11)無位から従四位下となり,のち刑部卿,安積親王の喪事を監護し,元正上皇が没したさい御装束司となり,752年(天平勝宝4)文室真人を賜り,ついで太皇太后藤原宮子が没したおり造山司となる。このころ罪に陥る皇族が多いので,沙門となり身の安全を図ったという。757年(天平宝字1)正四位下,弾正尹,ついで節部(大蔵)卿,761年光明皇太后の周忌御斎に供奉して正四位上となり,民部卿を経て,765年(天平神護1)従三位,766年参議,ついで中務卿。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

文室大市の関連キーワード慶雲文室大市倉持孝子秋篠寺秋田城イサウリア朝均田法三作神楽川原寺観心寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone