コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文山 ぶんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文山 ぶんざん

?-? 江戸時代後期の陶工。
文化-文政(1804-30)のころに京都の岡崎にすんだ楽焼の名手。宗入(そうにゅう)の作品などをたくみに模倣した。名は文二郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文山
ぶんざん / ウェンシャン

中国、雲南(うんなん)省南東部の県級市。文山チワン族ミャオ族(苗(びょう)族)自治州の行政の中心地。常住人口48万1504(2010)。紅河(こうが)支流の盤竜江(ばんりゅうこう)に沿う。市政府所在地は開化(かいか)街道。付近は石灰岩地帯で鍾乳洞(しょうにゅうどう)や地下河川が多く、盤竜江も伏流となっている部分がある。なかでも市西部の三元洞は清(しん)代に道士が隠居した所と伝えられ、楼閣、亭などが残され名勝地となっている。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文山の関連キーワードコーラオ族(仡佬族)水越与三兵衛(初代)桂 文団治(4代目)往なす・去なす水越与三兵衛佐々木池庵三国志演義3月22日コーラオ族佐々木文山佐々木玄竜通俗三国志文山永京蒲生君平やあやあ藩学一覧したらば愛宕白山熊 朝忠佐藤文永

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文山の関連情報