文山(読み)ぶんざん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文山
ぶんざん / ウェンシャン

中国、雲南(うんなん)省南東部の県級市。文山チワン族ミャオ族(苗(びょう)族)自治州の行政の中心地。常住人口48万1504(2010)。紅河(こうが)支流の盤竜江(ばんりゅうこう)に沿う。市政府所在地は開化(かいか)街道。付近は石灰岩地帯で鍾乳洞(しょうにゅうどう)や地下河川が多く、盤竜江も伏流となっている部分がある。なかでも市西部の三元洞は清(しん)代に道士が隠居した所と伝えられ、楼閣、亭などが残され名勝地となっている。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文山の関連情報