佐藤愛子(読み)サトウアイコ

デジタル大辞泉の解説

さとう‐あいこ【佐藤愛子】

[1923~ ]小説家。大阪の生まれ。紅緑(こうろく)の娘。詩人のサトウ・ハチローは異母兄。体験的なテーマを扱った家庭小説を、骨太でおおらかなタッチで執筆。「戦いすんで日が暮れて」で直木賞受賞。他に「ソクラテスの妻」「花はくれない」「血脈」、エッセー集「我が老後」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

佐藤愛子【さとうあいこ】

小説家。大阪市生れ。佐藤紅緑の次女。サトウ・ハチローは異母兄。甲南高女卒。1969年《戦いすんで日が暮れて》で第61回直木賞受賞。以後,家庭を舞台にユーモラスな筆致で男性批判を行ういわゆる〈猛妻物〉に本領を発揮した。作品には他に《赤い夕日に照らされて》,父佐藤紅緑の伝記《花は紅――小説佐藤紅緑》などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

タレントデータバンクの解説

佐藤 愛子


芸名
佐藤 愛子

性別
女性

身長
164cm

靴のサイズ
24cm

職種
モデル

プロフィール
2002年、ティーン向け雑誌『My Birthday』MBフレンドオーディションで合格し、以後専属モデルとして活躍。主な出演作品は、CM『池田模範堂「ポケムヒ ロッククライミング編」』『ミニストップ「トロピカルマンゴーパフェ 高校生カップル編」』『ボーダフォン「3G衝撃映像編」』『オリエンタルランド「東京ディズニーシー リズムオブワールド 本屋編」』『ケンタッキーフライドチキン「海老チリツイスター 小人編」』『大塚製薬「オロナミンC」』他。

代表作品
雑誌『My Birthday』 / CM『池田模範堂「ポケムヒ ロッククライミング編」』 / CM『大塚製薬「オロナミンC」』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤愛子
さとうあいこ
(1923― )

小説家。大阪市生まれ。父は作家紅緑(こうろく)、また詩人サトウ・ハチローは異母兄にあたる。旧制甲南高等女学校卒業。『文芸首都』に習作を発表。『ソクラテスの妻』『二人の女』(ともに1963)が芥川(あくたがわ)賞候補に、『加納大尉夫人』(1964)は直木賞候補となる。無力な夫のために苦労する妻の話『戦いすんで日が暮れて』(1969)で直木賞を受ける。自伝小説『愛子』(1959)、紅緑の伝記『花はくれない』(1967)、母を描いた『女優万里子』(1974)のほか、女の宿命を描いた『その時がきた』(1971)、『ソクラテスの妻』同様、自己の分身を登場させて作品化した『幸福の絵』(1979。女流文学賞)、夫婦や家族について、そして教育問題をかわいたユーモアで描く長編『凪(なぎ)の光景』(1988)、『風の行方』(1997)などがある。また、2001年(平成13)には、父紅緑、兄ハチローなど家族をモデルとした『血脈』が完結、菊池寛賞を受賞した。ほかに、短編集『人生って何なんだ!』(1990)やエッセイ集『我が老後』(1993)、『不敵雑記――たしなみなし』(2001)などがあり、体験的な題材を扱った小説、エッセイで活躍している。骨太な筆法とおおらかな風刺精神に特色がある。[田中美代子・橋詰静子]
『『我が老後』『我が老後 なんでこうなるの』『我が老後 だからこうなるの』『我が老後 そして、こうなった』(1993、95、97、2000・文芸春秋) ▽『血脈』上中下(2001・文芸春秋) ▽『不敵雑記――たしなみなし』(2001・集英社) ▽『ソクラテスの妻』『その時がきた』(中公文庫) ▽『戦いすんで日が暮れて』『花はくれない』(講談社文庫) ▽『加納大尉夫人』『愛子』(角川文庫) ▽『女優万里子』『幸福の絵』『凪の光景』上下『人生って何なんだ!』『風の行方』上下『自讃ユーモア短篇集』1~2(集英社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤愛子の関連情報