コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘周 そうしゅうZhuang Zhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘周
そうしゅう
Zhuang Zhou

[生]前370?
[没]前310?
中国,戦国時代の思想家。道家に属する。宋国の蒙 (河南省商邱県) の人。漆畑の番人で,梁の恵王から宰相として招かれたが,仕えなかったと伝えられるが,確実な伝記は不明。一説に,字は子休。荘子と尊称される。唐代には道教の神仙に格上げされて,南華真人と追号された。戦国時代の思想界には孟子よりあと,荀子の前に現れ,その後大きな影響を及ぼした。いわゆる『荘子』がその著書として伝えられているが,通説では,そのうちの内編7編がその自著であろうという。しかし,最近では,そのうちの「逍遙遊」「斉物論」の2編を自著とみる学者が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐しゅう〔サウシウ〕【荘周】

中国、戦国時代思想家。宋国の蒙(河南省)の人。老子とならぶ道家思想の中心人物で、個々の事物の価値や差異は見かけ上のものにすぎず、根元的にはすべて平等であるとし、自然にまかせる生き方を説いた。後世南華真人尊称された。荘子。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荘周
そうしゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荘周の言及

【荘子】より

…姓は荘,名は周,字は子休といい,宋の蒙(河南省商邱県)の人。荘周とも称される。その伝記には不明な部分が多いが,《史記》本伝や《荀子》など先秦諸子の書の記事および《荘子》外・雑篇に散見される荘周説話などによれば,およそ前370‐前300年ごろの人で,故郷の蒙で漆園の管理に携わる小役人を務めるかたわら,名家の巨匠恵施と親しく交わった知識該博な学者であり,楚王から宰相に迎えられたのも辞退して,おおむね清貧の中で自適の生涯を送ったようである。…

※「荘周」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荘周の関連キーワード心斎・坐忘南華真経中国思想哲学史金聖嘆土田氏恵施道教恵王漆畑追号荀子神仙孟子宰相

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android