コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤宇一郎 さいとう ういちろう

2件 の用語解説(斎藤宇一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤宇一郎 さいとう-ういちろう

1866-1926 明治-大正時代の政治家,農政家。
慶応2年5月18日生まれ。明治学院教授などをへて郷里の秋田県にかえり,乾田馬耕の普及,畜産奨励につくす。明治35年衆議院議員(当選8回,革新倶楽部(クラブ))。また帝国農会評議員,横荘(おうしょう)鉄道社長などをつとめた。大正15年5月10日死去。61歳。東京農林学校(現東大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤宇一郎

没年:昭和1.5.10(1926)
生年:慶応2.5.18(1866.6.30)
明治大正期の農事改良家,代議士。父は茂介,母は時尾。秋田県由利郡平沢村(仁賀保町)出身。帝国大学農科大学(東大農学部)を卒業し,明治学院教授(動植物学)となる。日清戦争に従軍後,農商務省に入る。明治32(1899)年帰郷し,以後,乾田馬耕の普及,耕地整理,畜産奨励,実業教育に尽力。35年から大正13(1924)年まで衆院議員として憲政本党,立憲国民党,立憲同志会,憲政会に所属。11年立憲国民党との合同を唱えて憲政会を離脱し革新倶楽部に加わった。政界引退後,平沢町長。3男の憲三は東京電気化学工業(現TDK)の創業者。<参考文献>能登谷幸夫『父と子の世紀』,鷲尾義直『斎藤宇一郎君伝』

(柴崎力栄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤宇一郎の関連キーワード代議士石黒岩次郎市井善之助鹿島安太郎香取権兵衛権田愛三式田喜平野口小成広江嘉平水越理三郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone