斎藤明敏(読み)さいとう あきとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤明敏 さいとう-あきとし

?-1851 江戸時代後期の武士。
陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士弓馬などの諸芸にすぐれ,神道に通じた。京都の芝山持豊(しばやま-もちとよ)に和歌をまなぶ。のち藩校日新館和学所助教授をつとめた。嘉永(かえい)4年死去。通称は吉次郎,与兵衛。号は葛生

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android