コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎部道足

美術人名辞典の解説

斎部道足

歌人。通称新助。陸奥の人。大阪住。古学を志し、特に長歌を能くする。作歌は八百余に上り、その数の多さは稀世と称された。文化13年(1816)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎部道足 いんべ-みちたり

1758-1816 江戸時代中期-後期の国学者。
宝暦8年生まれ。大坂で荒木田久老(ひさおゆ)に師事。長歌にすぐれ,八百余首をのこした。本居大平(もとおり-おおひら)編の歌集「八十浦之玉(やそうらのたま)」上巻に歌がおさめられている。文化13年8月死去。59歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。通称は新介。著作に「神国御稜威(しんこくみいず)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎部道足の関連キーワード国学者歌人