コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波兼頼 しば かねより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波兼頼 しば-かねより

?-1379 南北朝時代の武将。
斯波家兼の次男。斯波直持(ただもち)の弟。北朝方の武将として活躍し,奥州管領(かんれい)となった父にしたがう。父の没後,出羽(でわ)最上郡(山形県)にはいり,羽州(うしゅう)探題となり,最上氏を称した。戦国大名最上氏の祖。康暦(こうりゃく)元=天授5年6月8日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斯波兼頼の言及

【最上氏】より

…室町~江戸時代の武家。足利一門斯波家兼の次男兼頼は,1354年(正平9∥文和3)家兼が若狭守護から奥州管領(奥州探題)に転じたのに従って陸奥に移り,56年(正平11∥延文1)に出羽国山形に入部したと伝える。その後,出羽斯波氏は最上氏を称し,歴代羽州探題に任じて戦国期に至った。2代直家は諸子を天童,黒川,高楡(たかだま),蟹沢,泉出(成沢)に配置し,3代満直も次男以下を中野,大窪,楯岡に配して,山形周辺の地域に勢力を扶植した。…

※「斯波兼頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斯波兼頼の関連キーワード山形(県)南北朝時代山形(市)山形城跡斯波家兼羽州探題山形市天童城山形城清水城立石寺高楯城山寺