コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新モス シンモス

百科事典マイペディアの解説

新モス【しんモス】

綿モスリンとも。梳毛(そもう)織物モスリンをまねて綿糸で織ったもの。ふつう薄地の平織で表面に毛羽を立てて仕上げる。おもに着物の裏地,裾芯(すそしん)などにする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんモス【新モス】

〔「新モスリン」の略〕
薄地で柔らかく仕上げ、純毛のモスリンに類似させた綿の平織物。新モスリン。新メリンス。綿モス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の新モスの言及

【モスリン】より

…斜文織(綾織)にしたものもありこれを〈綾モス〉という。綿糸で織り上げたものを〈綿モス〉または〈新モス〉,スフ糸を用いたものを〈スフ・モス〉と称し,他にも種々の合成繊維を混紡したものが使われた。【道明 三保子】。…

※「新モス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新モスの関連キーワードレインボーモスラキルティング渋谷(区)綿モスリン長襦袢かい巻純毛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android