新多極化(読み)しんたきょくか(英語表記)new multipolarization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新多極化
しんたきょくか
new multipolarization

1960年代に出現した多極化とは異なり,中核をなす国家のパワーが軍事的パワー,経済的パワー,人口的パワーなどによって分極化されること。ところが各々のパワーの影響力も変質しており人口上のパワーは資産というよりはむしろ負債であるし,軍事力効用は減少している。唯一経済的パワーのみが有効である。このような状況において「極」のそれぞれがどのような制度的連携を築いて世界秩序を形成していくべきかが議論の焦点となりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android