コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新川和江 しんかわ かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新川和江 しんかわ-かずえ

1929- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和4年4月22日生まれ。西条八十(やそ)に師事。昭和28年詩集「睡り椅子」を発表し,翌年「地球」同人。35年「季節の花詩集」で小学館文学賞,40年「ローマの秋・その他」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞,62年「ひきわり麦抄」で現代詩人賞,平成4年「星のおしごと」で日本童謡賞をうけた。その間の昭和58年吉原幸子と季刊詩誌「現代詩ラ・メール」を創刊。おおらかな母性愛ですべてをつつみこむような詩風。茨城県出身。結城高女卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新川和江の関連キーワード吉原 幸子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新川和江の関連情報